証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » メンズファッションの悩み » 女の子にドン引きされるメンズファッションとは?

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

女の子にドン引きされるメンズファッションとは?

読了までの目安時間:約 5分

ドン引きされる男のファッション

 

 

 

男は中身で勝負だ!というのはもちろん正論です。

 

魅力的な性格というのは付き合う上でとても大事です。

 

 

ただ、だからといって外見をほったらかしにしてはせっかくの中身も台無し。

 

デートでも隣にいる女の子は少しでも格好良い外面の男性と歩きたいものです。

 

 

女の子にドン引きされるファッション、あなたはしていませんか?

 

簡単にできるファッションでマイナスポイントを付けられているようではもったいないですよ。

 

スポンサードリンク

 

 

こんなファッションはダメだ!

 

さて、その一例として過度なファッションです。

 

 

いやいやそれはやりすぎでしょう・・・というのが過度ですが、具体的にはやりすぎた夏ファッションがあります。

 

 

暑い夏は少しでも涼しげな見た目で、と思った結果、タンクトップに短パン、ビーチサンダルという格好に。

 

浜辺などでは違和感も無いと思いますが、街着としてこれを採用してしまっては完全にNGです。

 

 

jsrtj

 

上の写真ではデニムと合わせているので、下着っぽくなってしまう色さえどうにかして、軽めの上着を羽織れば正しいファッションになります。

 

 

 

やりすぎてしまったリラックス感というのもあります。

 

最近はスウェット素材のボトムスがカジュアルファッションとして流行していますが、合わせ方はとても難しいです。

 

部屋にいるようなリラックス感を追求した結果、コンビニに行くような格好になってしまっては一緒に歩きたくないですよね。

 

 

srejt

 

このアイテムはワンマイルウェアとして販売されています。

 

ワンマイルウェアとは家から1マイル(約1.6キロ)ぐらいの範囲で着る服を意味します。

 

部屋着と街着との中間的な服のことで、つまりはコンビニ程度なら、というアイテム側の主張を聞き入れる必要がありますね。

 

 

dtyky

 

スウェット素材のボトムスを街着として履きこなしたいときは、このようにロールアップするなど、ある程度の工夫が必要です。

 

シューズには革靴、ジャケットを羽織るなど、ボトムス以外はかっちりとしたものを選んで、外さないように心掛けないとなりません。

 

 

リラックス感ある上級者の着こなしで、間違っても下手に着用しないようにしましょう。

 

 

TPOを理解する

2014-11-16_191829

 

 

この話と関連して、TPOを弁えることの重要性を理解したいです。

 

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)の頭文字をとったもので、自らの方法、態度などを考えたとき、気を使うべきものの代表格とされている概念です。

 

 

先程のコンビニファッションやビーチファッションはこのTPOの「P」、場所への配慮が足りないので、ドン引きという結果になっているのです。

 

 

TPOを見誤るととんでもない恥をかくことも・・・。

 

 

高級イタリアンに行ったのに向かいの彼氏がジャージで、周囲の視線が辛かった、なんて話も聞きます。

 

女性に恥をかかせてはいけません!(笑)

 

 

その時々にしっかり気を使える、そんな気遣いのファッションができる人は、おのずと内面も素晴らしいのだと思います。

 

 

冒頭で外見と内面の話をしましたが、ファッションの時点ですでに内面が見えているのかもしれないですね。

 

著:アツヒロ

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking