証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » アイテム別知識 » ダウンジャケットの知らないと損する基礎知識『お手入れ方法や選び方』

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

ダウンジャケットの知らないと損する基礎知識『お手入れ方法や選び方』

読了までの目安時間:約 5分

ダウンジャケット基礎

 

 

 

メンズファッションの悩み解決の第17回は、引き続きジャケットの基礎知識と着こなしについてお話しします。

 

 

 

今回は、ダウンジャケットのお話しをしていきます。

 

スポンサードリンク

 

ダウンジャケットとは。

ダウンジャケットとは、中にダウンフェザーを詰めた保温性に優れた上着のことです。

 

ダウンフェザーというのは羽毛のことで、保温性だけでなく汗を放出する働きがあるので、昔から寒い地域で着用されていました。

 

 

 

日本では、1980年代ごいろにアメリカから入ってきて、今では防寒具としてではなく冬に欠かせないファッションアイテムの一つになりました。

 

昔はデザインのバリエーションも少なかったのですが、今では非常にバラエティーに富んでいます。

 

 

ダウンジャケットに使用される素材

2014-11-08_214849

 

 

ダウンジャケットに使用される素材の外側はナイロンで、内側の詰め物はダウンフェザーです。

 

実はダウンとフェザーは別のもので、ダウンは羽毛、フェザーは羽根のことです。

 

この二つを混合して、ダウンジャケットに詰めます。

 

ちなみに水鳥から採取しており、ダウンジャケット以外にも布団やクッションに使用されます。

 

 

ダウンジャケットのお手入れ方法

ダウンジャケットは中に羽毛が詰まっているので、普通の洋服の様に洗濯機で洗う事ができません。

 

お手入れ方法が分からず汚れをそのままにしている人もいますが、やはりきれいにお手入れして着たいものです。

 

 

 

普段のお手入れ方法としては、帰宅したらちゃんとハンガーにかけ、室温で乾燥させることです。

 

汗や雨、雪などで濡れてしまうこともありますが、乾燥器に入れることは禁物です。

 

 

 

長い期間着ないダウンジャケットはハンガーにかけっぱなしにしていると中の詰め物がよってしむこともあるので、たまには逆さにして振るなどして、沈んだ詰め物を治してあげます。

 

 

 

素材によっては、家で洗う事も出来ますが、色落ちがしないか事前に確認することが大切です。

 

面倒ならクリーニング店に頼むのが無難ですが、襟や袖口が汚れてしまわないように普段から気をつけることも大切です。

 

 

ダウンジャケットの選び方

今ではダウンジャケットもカラーバリエーションが増えて、明るい色でファッション性に富んだものが多くあります。

 

 

まず、アウター専用で着るなら、中綿がしっかりと入った厚手タイプがおすすめです。

 

アウトドアで着るなら表面に撥水加工がされているものや、顔や頭も防寒できるフード付きがおすすめです。

 

 

 

薄手タイプはタウン様として、重ね着用としても便利です。

 

キルティングのラインによってもデザイン性やフィット感が違います。

 

縫い目が荒いと羽毛も飛び出してきたり偏ったりするので、購入するときにはキルティングの縫い目もチェックします。

 

 

 

また、重さも重要なポイントです。

 

フェザーよりダウンの配合が多ければ軽いので、重量比率をチェックしたり、実際に着てみたりして調べます。

 

著:guriko

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking