証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » アイテム別知識 » ジャケットの基礎知識と上手な着こなし方【メンズファッションの悩み】

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

ジャケットの基礎知識と上手な着こなし方【メンズファッションの悩み】

読了までの目安時間:約 5分

ジャケットの着こなし

 

 

 

メンズファッションの悩み解決の第13回は、ジャケットの基礎知識と着こなしについてお話しします。

 

 

ジャケットとは

普段何気なくジャケットと呼びますが、上着全般のことを指します。

 

非常に広い括りですが、袖が付いていて前開きが基本のデザインです。

 

 

TPOに合わせて素材やデザインを変えた物が作られ、様々なシーンで活用されています。

 

 

 

元々は男性用の上着が期限とされていますが、今ではそのような縛りは無く、非常に幅広い意味で使用されています。

 

1枚で着るのではなく、下にシャツなどを組み合わせて着る上着のことです。

 

 

 

ダウンジャケットのように名前に「ジャケット」の単語が入っているものばかりと思えばそうではありません。

 

ブルゾンやウィンドブレーカーのように、ジャケットという名前が入っていない事もあります。

 

また、レザーやベロアのように、生地の素材をネーミングに使用することもあります。

 

 

ジャケット選びのポイント

ジャケットを選ぶ時のポイントは、

・TPOを考える
・サイズを合わせる
・気候に合わせた素材でできたものを選ぶ

 

 

まずカジュアルシーンで着るのか仕事なのかフォーマルなのか、着ていく場所によってジャケットの種類は変わります。

 

TPOに合わせて何種類かを揃えておいて、使い分けるのが最適です。

 

 

 

どんなに良いデザインのものでも、サイズが合わなければ見た目も悪くなります。

 

実際に着てみて肩や袖の長さが適当なのかをチェック、前を閉じて苦しくないかも確認します。

 

 

 

カジュアルなジャケットだと多少サイズに余裕を持たせて着ることもありますが、仕事用やフォーマルウェアではサイズ合わせが非常にだいじですので、購入する時には試着が必須です。

 

 

 

また、気候に合わせて保温性の優れた生地でできた物を選ぶのか、通気性に富んだ生地でできたものを選ぶのかを決めます。

 

寒い時期はウール、厚い時期は朝でできたジャケットなどもあります。

 

 

生地の織り方によって通気性や保温性が異なるので、気候にあった素材を選ぶのが重要です。

 

 

ジャケットの合わせ方

カジュアルなシーンにはカジュアルなジャケットしか着られないと思ったら、そうではありません。

 

割とカッチリ目のジャケットでも、下に着るシャツやボトムの合わせ方によってドレスダウンができ、着回しが可能です。

 

 

 

ただし、色や丈などの微妙なバランスによってセンスが悪くなってみえるので、全身が移る姿見などでチェックするのが便利です。

 

もし自宅に全身が写る大きな鏡が無ければ、携帯電話のカメラで撮ってみてチェックする方法もあります。

 

著:guriko

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking