証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » アイテム別知識 » シャツの超基本的な基礎!選び方や合わせ方を知る【メンズファッション悩み】

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

シャツの超基本的な基礎!選び方や合わせ方を知る【メンズファッション悩み】

読了までの目安時間:約 5分

シャツの着こなし基本

 

 

 

メンズファッションの悩み解決の第22回は、シャツの基礎知識と着こなしについてお話しします。

 

スポンサードリンク

シャツとは

説明するまでもなく、シャツとは上半身に着用する衣服を指す広義的な言葉です。

 

Tシャツや肌着もシャツと呼ぶこともありますが、主に前開きの服をシャツと指すことが多いです。

 

 

シャツの歴史

諸説ありますが、古代ローマで着られていたチュニックが起源とされている説があります。

 

現代のシャツの形とは程遠く、頭から被るような布切れでした。

 

それから時を経て形は変化していきますが、しばらくは内着として着用されていました。

 

 

 

それから重ね着文化が生まれ襟ぐりや袖の形や装飾にも変化が生じます。

 

19世紀ごろには今のシャツがほぼ完成していたと言われています。

 

 

シャツの襟

2014-11-11_190502

 

 

シャツの襟には、様々な種類があります。

 

 

もっとも標準的な襟はレギュラーカラーと呼びますが、ボタンダウン、イタリアンカラー、スタンドカラーなどがあります。

 

イタリアンやスタンドカラーではネクタイをする必要のないシャツなので、首元がスッキリ見えます。

 

 

シャツのサイズの合わせ方

シャツを選ぶ時に何となくM、Lなどの大まかなサイズで選んでいる人も多いですが、スーツ、ネクタイと合わせるシャツは細かいサイズまで合わせたいものです。

 

 

シャツサイズのポイントは、首回りと裄丈です。

 

 

裄丈は首の付け根の後ろ中心から、肩、腕を通って手首までの長さです。

 

 

肩幅を意識する人も多いですが、肩幅があっていても裄丈があっていなければ、ジャケットを来た時にしっくりきません。

 

一度は紳士服のお店でキチンと測ってもらうのをおすすめします。

 

 

ボタンダウンシャツとは

2014-11-11_190659

 
襟の先端を小さなボタンで固定できるシャツのことを、ボタンダウンシャツと呼びます。

 

ボタンダウンという言葉は知らなくても、ボタンが付いたシャツを持っている人は多いかと思います。

 

それほど今では日本でも広く定着したシャツです。

 

 

ボタンダウンシャツの歴史

ボタンダウンシャツは20世紀初頭に、ポロ用のシャツとして誕生したのが始まりです。

 

 

当時のポロ競技ののユニフォームは襟が大きく、風にあおられて競技の邪魔になったため、ボタンで留めることを思いついたのです。

 

 

 

ボタンダウンを生んだ紳士服メーカーのブルックスブラザーズでは、ポロカラーシャツと呼んでいます。

 

日本に伝わり始めたのは、1950年代ごろだと言われています。

 

 

ボタンダウンの着こなし

2014-11-11_191044

 
ボタンダウンは襟がひらひらしないので、ノーネクタイでもだらしなくならず清潔感のある着こなしができます。

 

デニムにボタンダウンだけのシンプルコーディネートも涼しげです。

 

 

ネクタイをしないでも首元が崩れないというところから、クールビズシャツとして着用する人もいます。

 

 

また、敢えてネクタイを締めて紺のジャケットを羽織れば、トラッド風のファッションになります。

 

オシャレ上級者はあえて襟のボタンをはずし、スカーフを使うなどしてコーディネートします。

 

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking