証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » メンズファッションの悩み » 【しつこい店員が苦手】ショップでの上手なかわし方の極意3つ

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

【しつこい店員が苦手】ショップでの上手なかわし方の極意3つ

読了までの目安時間:約 5分

2015-02-05_213518

 

 

 

ショップに行くと必ずといって良いほど起こるのが、店員に声を掛けられること。

 

お洒落に関しては干渉されたくない、というポリシーを持つ人も多い中で、これは対応に困る事態です。

 

上手なかわし方を身に付けておくと損はしないでしょう。

 

 

 

かわし方の前に、声を掛ける店員さんの気持ちを考えてみましょう。

 

お店としては売上が気になるところですが、店員さん自体に「何が何でも買わせよう」という考えはありません。

 

あの手この手であなたを狙うわけではないのです。

 

 

店員さんはお客様を思って接客するのが常です。

 

少しでも魅力的なコーディネートを一緒に考えてくれている、そういった善意に気付くことで、不必要にイライラしたり、申し訳なく思ったりせずに済みます。

 

 

そうした善意を受け取った上で対応を考えると、自然な断り方ができるものです。

 

それでは一つずつ、かわし方をみていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

今日は選ぶだけです。

2015-02-05_212408

 

 

この一言があれば購入はしない、という意思表示ができる上に、店員側としても接し方次第では次に繋げられるかもしれないという受け取り方ができます。

 

双方にメリットのある一言です。

 

 

同様に『候補にします。』や、『考えておきます。』という含みを持たせた言い方をすれば角が立たずにかわすことが可能になります。

 

 

ゆっくり見させてください。

2015-02-05_212728

 

 

あまり干渉してほしくない、という態度を見せたい場合はこの言葉を使いましょう。

 

この人の場合放置するのが最良の接客だ、と店員さんに気付かせることが大事です。

 

 

『何かあったら声を掛けます。』と、こちら側の判断を待ってもらう方向に誘導するのも有効です。

 

 

今あまり時間が無くて。

2015-02-05_213040

 

 

単純にけつかっちんであることをアピールするのも良いかもしれません。

 

あまり時間をとらせてはいけない、と店員さんに思わせることでしつこい接客を回避できます。

 

 

ただ、この場合すみやかに立ち去らないとウソになってしまうので、自分としても服を見る時間が減ってしまうのがネックでしょうか。

 

 

【番外編】その他の方法

 

店員側の善意を一度受け取るのも有効です。

 

試着まですれば、それなりにお互いに信頼感が芽生えます。

 

断りの態度に抵抗がある人はここまで粘ってみることで、申し訳ないという気持ちを軽減できるかもしれません。

 

 

試着の後に『候補にします。』などと言えばお互いある程度の満足感を持って店を出ることができますね。

 

 

 

完全に声掛けをシャットアウトしたい場合はイヤホンなど、聞こえないフリをするのもアリです。

 

しかし、お店側としてはあまり良い気分ではありません。

 

角が立たない方法、とは言い切れませんね。

 

 

上手なかわし方のポイントは、店員側にも満足感や期待を植え付けることです。

 

声掛けからは撤退する、けれどもそれがお客様のためである、と思わせることで角が立たずに済みます。

 

 

ひょっとしたらゆくゆく購入する可能性もあるかもしれないので、気持ちよくお店を出たいですね。

 

 

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking