証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » ファッションの基本 » 着こなしに合わせたメガネの選び方『メンズファッションの基本』

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

着こなしに合わせたメガネの選び方『メンズファッションの基本』

読了までの目安時間:約 5分

ファッションメガネ選び方

 

 

 

ここ数年でアクセサリーとしての知名度を上げたメガネ。

 

アイウェアと表現されるように目元を演出するお洒落アイテムとして知られています。

 

 

せっかくのお洒落アイテム、きちんとした選び方をしたいですね。

 

プラスアルファとしての機能を生かすなら、着こなしに合わせたメガネを選ぶようにしましょう。

 

スポンサードリンク

 

ビジネスにもカジュアルにも使えるウェリントン型

 

2015-02-19_155103

 

 

お洒落を意識した無難な選び方をするなら縦幅の広いウェリントン型がおすすめです。

 

フレームも太く、カジュアル感が強いため伊達メガネとしての人気も高いです。

 

 

着る服も選ばず、どんなテイストのファッションにも馴染みます。

 

ビジネスでもかっちりとしたスーツの外しをメガネで行う高度なお洒落ができます。

 

オンオフ兼用、流行を意識したウェリントン型は一つあると便利ですね。

 

 

万能のオーバル型

2015-02-19_155332

 

 

ウェリントンよりも縦幅が短く、一般的な形として知られるオーバル型。

 

こちらはよりスタンダードな印象になります。

 

カジュアル感を抑えたい場合に選びましょう。

 

 

フレームは太めのものをチョイスすれば、堅苦しくならずに済みます。

 

 

お洒落度を極めるならボストン型

2015-02-19_155459

 

 

丸みのある逆三角形のフレームはボストン型といいます。

 

昔流行した形ですが、近年再び脚光を浴びるように。

 

 

カジュアル度が高く、ラフな格好にも合わせられます。

 

ビジネスにはあまり向きませんが、お洒落な印象を強調したいならボストン型を選びましょう。

 

 

クールなスクエア型はかっちりとした着こなしと合わせて

2015-02-19_155700

 

 

四角いフレームが特徴のスクエア型。

 

クールでデキる男を演出したいなら選びたいところです。

 

 

しかし、堅い印象を持っているのでカジュアルな着こなしとはあまり相性が良くありません。

 

パーカーなどと合わせると違和感があり逆効果に。

 

トップスはシャツを選ぶなど、スマートな雰囲気と合わせることを心掛けましょう。

 

 

色の選び方も大事

2015-02-19_155811

 

 

メガネのフレームの色を気にする人は少ないかもしれませんが、このポイントを抑えることも大事です。

 

 

 

最も無難なのは黒です。

 

ビジネスシーンでも馴染みますし、普段着でも着こなしの色合いを邪魔しません。最初の一本の場合は黒がおすすめです。

 

 

そしてカジュアルに色味で遊びたいという人は茶色や琥珀色など、アースカラーを選びましょう。

 

ちょっとしたアクセントとして表情を演出できます。

 

 

ビジネスではより知的な演出に色を使いましょう。

 

おすすめはシルバー。

 

少々冷たい感じになってしまいますが、温かみとはまた違うクールな魅力があります。

 

上記のスクエア型と合わせるとより効果的です。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

メガネは視力矯正できればいい、という時代は終わりました。

 

お洒落アイテムとして、積極的に活用したいですね。

 

 

ここで記載した内容を参考に、着こなしに合う一本を探してみてください。

 

 

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking