証券会社

メンズファッション通信【おしゃれな着こなしをする為に】 » シチュエーション別おすすめコーデ » デニムアイテムを使った大人っぽい雰囲気のある服装3選

おすすめ記事

  • 通販で買った激安シャツが届いたので徹底レビュー!!【詳細はこちらから】

デニムアイテムを使った大人っぽい雰囲気のある服装3選

読了までの目安時間:約 5分

2014-11-29_084024

 

 

 

デニムは基本アイテムですが、ラフになりがち。

 

デニムを使った大人コーデをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

デニム生地でできたパンツのことをデニムパンツと呼びます。

 

一般的にはカジュアルファッションもしくは作業着として使われる為、ビジネスファッションには向いていないパンツです。

 

 

加工方法も様々で「ダメージ加工、ヴィンテージ加工、ユーズド加工、ヒゲ加工、ペンキ加工」など多様な加工を施したデニムパンツがあります。

 

 

デニムの素材は綿なのですが、一般的なデニムパンツの生地は縦糸をインディゴで染め、横糸を白色の糸で綾織した厚手の生地です。

 

2色を使って織っているので、生地表面は独特な織目が浮き出ます。

 

生地はオンスという単位を用い、14オンスぐらいのデニム生地をパンツに用いる事が多いです。

 

 

2014-11-29_083044

 

デニムのPコートを使ったコーデです。

 

通常のPコートよりも少しラフな感じが表現できます。

 

インナーに白のカットソー、ボトムは黒のカラーパンツで、デニム主役のコーデに仕上がっています。

 

シューズも黒で統一して、ワイルド感のあるコーデです。

 

 

2014-11-29_083218

 

ベージュのダッフルコートにデニムパンツを合わせました。

 

インナーにはボーダーシャツをコーデして、ラフな感じに仕上げました。

 

シューズも茶系で柔らかくまとめています。

 

 

2014-11-29_083453

 

デニムジャケットのインナーにグレーのパーカーを合わせました。

 

ボトムは黒のパンツなのですが、全体的にやさしい印象に仕上がっています。

 

シューズも黒で統一感があります。

 

 

 

いかがでしたか?

デニムは、ラフな雰囲気になってしまいがちですが、Pコートやダッフルコートと合わせたり、デニム素材のジャケットとして活用すると、大人感が出てきます。

 

 

今回紹介しているコーディネートのアイテムはすべてこちらにありますので、是非活用してみてください。

 

 ⇒詳細はこちら


 

 

デニムが服に使用され始めたのは、1870年代のアメリカです。

 

そのときにはすでにリーバイスの基盤があり、1890年ごろに501シリーズも誕生しています。

 

ジーンズの方が先に誕生していますが、それからすぐにデニムシャツも製造されています。

 

 

それから1940年代から1950年代になると徐々にファッションアイテムへ変貌し始め、多くのデニムブランドが誕生し、デニムジャケットも発売されるようになりました。

 

そのころにはすでにデニムジャケットが誕生しています。

 

40年代から50年代のデニムジャケットはヴィンテージとしても人気があり、マニアの間では高値で取引されます。

 

デニムジャケットのカラーは本来インディゴブルーだったのですが、縦糸を様々な色の染料で染めることで、色のバリエーションが豊富になっています。

 

例えば、ブラックやアイボリー、カーキ色はカラーデニムの定番にもなっています。

 

 

 

 

⇒今話題の通販サイトで服を買って本音レビュー!

 

この記事に関連する記事一覧

【メンズ服買うなら】厳選『通販ショップ』Ranking!

『shop-list.com』
■商品名

高品質・低価格・おしゃれ!

服を買うならまずここをチェックするべき。 季節に合わせたキャンペーンやお得なセールも随時開催しています。

『メンズファッション+』
■商品名

ファッション初心者も安心

全身コーディネートされたものをマネキン買いできるのが特徴です。 『洗濯済みであっても30日間の返品保証』は安心して買える衝撃的サービス。

『SPUTNICKS』
■商品名

20代男性に特にオススメ

一目でおしゃれと思えるアイテムが揃っています。 モテるきれいめファッションを目指している20代ならば要チェック。


最新記事
カテゴリー
人気記事Ranking